スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011Movie 67】 ミケランジェロの暗号

 

まず、最初に声を大にして言いたい。
この邦題のつけ方は間違っている。この邦題のつけ方では、この作品にがっかりする
人が絶対に多くなると思う。
CapD20111007_1

僕は完全に「ダビンチ・コード」のドイツ版のようなものかと思っていた。
(本作はドイツ映画)
ところが、全くそういったサスペンス、謎解き要素はない。

 


また、邦題のとおりだと、ミケランジェロからの暗号のように思えるが、
全くそんなことはなく、ナチス政権化になった際に、親父さんが隠した
ミケランジェロ直筆のデッサンを息子や裏切った息子の友人が探すという
物語であり、ミケランジェロは単なる物語のキーワードでしかない。

僕のように、「ダビンチ・コード」をイメージして足を運んだ人は少なくないと思う。
しかし、これでは、本当の意味でこの作品は理解されず、ファンは増えないと思う。

客観的に観ると、本作はナチス政権化のドイツにおける悲壮感は少なく、
どちらかといえば、コメディであり、主人公と裏切った友人の立場(囚人とナチス構成員)
が逆転するところなどは、実に面白い。ハリウッド映画にはなかなかないセンス
ではないかと思った。
オチもそれなりに納得感のあるものである。
しかし、観る側の心構えが前述したとおり、ずれている為、素直に作品に入ることが
できない。

もしかしたら、原題をそのまま訳したら今回の邦題に行き着いたのかもしれない。
原題が分からないので、無責任なことは言えないが、もし「ダビンチ・コード」を
意識し、意図的に客足を増やそうとしたのであれば、配給会社の姿勢を厳しく
批判したい。それは、クリエイターに対する冒涜以外の何者でもない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。