スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011Book 26】 深町秋生 ”アウトバーン"

ハードカバーではなく、文庫での新刊ということで購入してみた。
ポリティカルサスペンスといえば、アメリカが本場であり、日本では「相棒」のドラマに
代表されるような、よく練り込まれてはいるが、ダイナミックさに欠ける玄人好みの
作品という印象が強い。
ただし、小説に限っていえば、この例に漏れる作品が多い。
本作品もそのひとつだといえよう。


日本の警察で、かつ、女性が主人公でハードボイルド作品というのは、なかなか
少ないのではないだろうか。
しかも、この主人公は結果を求めるためには、手段を選ばず、違法行為もお手のもの
なのである。

以下、ネタバレに注意。

こういった設定であれば、強い女性が豪快に犯罪者や保守派の上司をやり込める
ところが見せ場であり、完璧な主人公が登場するものだが、決してそういうわけでは
ない。
冒頭ではすさまじいアクションでヤクザをこらしめるも、事件途中で犯罪者の罠に
はまり、大けがをする。その後は、アクションはさすがにできないものの、
知的な罠により、犯罪者を追い込んでいく様は、アクションにもひけをとらない
スリリングさを持っている。
昨今では、完璧な主人公が巧みに事件を解決していく形でストーリーを進めるものも
あるが、それは一種のショーであり、なかなか読み手が感情移入できるものではない。
そのため、本作では主人公に課せられる課題やそれによる主人公のダメージの
バランスがよく取られていると思え、感情移入しやすいと感じる。

文庫で、それほどページがあるわけでもないので、するりと読める。
しかし、それでいて内容は重厚であり、重みがある。
ハードボイルド作品に飢えている人には、是非おすすめ。
そして、主人公の過去など、続編にも期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。