スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011Movie 81】 ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル

トム・クルーズはやはり健在だった。

久しぶりの同名シリーズ。久しぶりということもあって、スケールも、アクションも
パワーアップして帰ってきた感じ。
監督は、ピクサーの「Mr.インクリティブル」などを手がけたブラッド・バード氏。
自身初の実写映画とのこと。
120103Ghorst

スパイものといえば、「007」だが、ダニエル・クレイブの登場により、
ハードなものに路線変更したため、カジュアルなスパイものといえば、
この作品が本命だろう。

今回も、「007」顔負けのスパイ兵器が多数登場する。
以下、ネタバレなので注意。

今回、イーサンはロシアの収容所に囚われているところからスタートする。
ここで、「おや?」と思ったファンは多いだろう。
なぜかというと、前作の3でイーサンは愛する女性のために戦ったからだ。
3では一応のハッピーエンドということもあり、前作を見ているファンは、
まずその時点で“?”の文字が思い浮かんだだろう。
ところが、このポイントがよくできている。
前作までを知っているファンなら、「あれ?奥さんとのことはどうなったのか?」
とまず疑問に思う。そして、ストーリーが経つにつれ、奥さんが殺されたこと、
それによりイーサンがスパイ活動ではない殺しをしたのではないかと
チームメイトは恐れる。

一方で、今作から始めて観る人にとっては、その部分を知らなくても、
「イーサンには、どうも妻がいたらしく、そのことがチームメイトにとって
影響を与えているようだ」といった程度のシナリオになっている。

つまり、過去作からのファンにとっては、この妻との設定がストーリーを
盛り上げるためのスパイスとして成り立っており、一方で、今作が初見の
人でも、過去の背景を知らなくても、今作だけで完結するようなシナリオに
なっているのである。
久しぶりにシリーズを再開するにあたっての配慮。
ハリウッドのマーケティング能力と、それをシナリオに落としこめる
ライティング能力に感服する。

最近、ビックタイトルから無縁だったトム。
今作でいよいよ復活かな?と思わせる作品だった。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。