スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012Movie 13】 TIME

「ソーシャル・ネットワーク」で一躍注目を集めた俳優としての
ジャスティン・ティンバーレイク主演。(元々は、グラミー賞を受賞するほどのミュージシャン)
また、時間が通貨になるという近未来SFの予告で注目を集めた作品。
SF好きとしては、見逃せない作品であり、意気揚々と鑑賞に赴いた。
120229TIME


以下、ネタばれなので注意。


時間が通貨になるという設定はやはり魅力的で、その結果、貧富の差が
極限までに開いているという設定も面白かった。
しかし、設定と語りたいテーマを消化しきれず、発散してしまったという印象が
強い。

近未来SF作品は、実は設定を説明するのが難しい。
実社会と地続き感を持っているのだが、ifの世界であるがために、実社会との
違いを丁寧に説明しないと分からない場合が多い。
この点に失敗すると、視聴者が世界観を受け入れられず、なかなか作品に
入り込めない。この作品では、まさにそれが起こってしまっている。
一番分かりやすい例は、成長が25歳で止まってしまうということだろう。
時間が通貨となったことで、永遠の命が得られることと、25歳で成長が止まる
ことは一致していない。そのため、なぜ25歳で成長が止まるかというフォローが
説明だと思うのだが、その根拠が示されない。
そのため、設定としては理解できるのだが、なぜそうなるのか背景がみえず、
疑問を抱いてしまう。

実は、僕としては、なぜ時間を通貨にすることになったのか。なぜ、こういう
差別社会になったのか、という真相に主人公が迫っていくドラマだと思っていた。
ところが、全くそんなことはなく、しいて言えば“1日生きることを大切にしよう”と
いうテーマのため、オチとSF的背景が乖離したラストとなっている。
そんなわけで、風呂敷をたためなかった印象が強く、発散してしまった感が
いなめない。

期待の若手俳優であるジャスティンとアマンダの競演作でもあっただけに、
個人的には残念でならない。もうちょっとストーリーの持っていき方は
あった気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。