スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012Movie 16】 戦火の馬

さすが、スピルバーグ。そうとしか言いようがない。
120313Senka


ひとつは、戦争を撮らせたらこの人の右に出る人はいないと思う。
今回は、「プライベート・ライアン」とは違い、第1次世界大戦が舞台ではあるが、
ディテールの描き方から、アクションにいたるまで、全く隙がない。
子供にも見てもらいたいうことで、残酷描写はおさえたそうだが、それを差し引き
しても、戦争の過酷さ、残忍さは十分に伝わってくる仕上がりである。
古典的であるが、安定した撮影手法は見ていて納得感が高い。

一方で、これはどう撮ったのか?と思えるほど、馬の演技が素晴らしい。
画面を通しても、主人公となったサラブレットの美しさに魅せられる。
そのサラブレットが、シーンに合わせて縦横無尽に活躍するのだが、これが
どうやって撮ったのだろう?と思えるほど、演技がうまい。
怒りを表現するシーンで前足を立たせ、仲間の馬を助けるために、自ら疾走
したりと、ストーリーに対する感情表現が見事なのである。
当然、編集や調教による演出手腕が高いのだろうが、それを差し引いても
馬ってこんなに演技できるものなのか?と唸ってしまうほど、感情表現が豊か
なのである。

馬によるアカデミー賞級の演技に興味がある方は、是非観ることをおすすめする。
スピルバーグらしい、ハズレのない作品である。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。