FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012Movie 23】 アメイジング・スパイダーマン

「ソーシャル・ネットワーク」で一躍を注目を集めることとなったアンドリュー・カーフィールド
主演。そして、誰もが知る、世界的なヒーロー 「スパイダーマン」の物語とあって、
見に行かないわけには行かない。
早速、視聴してきた。
120718AS


以下、ネタばれなので注意。


原作の「スパイダーマン」に沿っている以上、致し方無いとは思うのだが、
前作のトビー・マグワイアの作品と似通っている。はっきり言って、新鮮さはなかった。
視覚効果的にも、3から考えると劇的にCG技術の進歩があるわけではなかった。

ただ、シナリオの奥行きという意味では、前作にない深みがあったように思える。
監督のインタビュー記事か何かで読んだが、家族の物語にしたかったという狙いは
ある程度成功していると思う。
確かに、両親への想いがあると、主人公のコンプレックスが際立つような気がする。

一方で、これは本作だけではないのだが、「スパイダーマン」については、
今ひとつ肩入れできない部分が多い。
ずっと、なぜだろう?と考えていたのが、本作をみて気づいた点がある。
それは、SF作品としての設定がチープ過ぎるのだ。

今回も、主人公のパーカーがいとも簡単に糸を吐き出す装置を作ってしまったり、
ヒロインが超大手企業の研究室で働いていたりと、一瞬「なんで?」と思ってしまう
設定が多い。
「スパイダーマン」自体、何度も映像化されているため、このあたりのディテールが
作り込まれているかどうかは、差別化のひとつのポイントとなるだろう。
このディテールがあるかないかで、リアリティが大きく違う。

その意味では「バットマン」はSF作品としても優れていると思う。
必要なディテール設定をおろそかにせず、作品全体の現実感を高めている。
「スパイダーマン」もシリーズ化するということだが、次作ではSF作品としての
作り込みも期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。