スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012Movie 35&36】 007 カジノ・ロワイヤル&慰めの報酬

ダニエル・クレイグ主演の007もいよいよ第3弾ということで、過去2作を比較する形で
鑑賞してみた。
当時、映画館で観た感想は、ダニエル・クレイグの1作目の力強く、ハードな姿に
しびれたが、2作目が続編ということで大いに期待したものの、チープな後半の出来に
消化不良を起こしたものだった。


最近、この2作目の背景が分かり、なかなか興味深かったのだが、当時、シナリオ協会が
ストを起こしており、その影響を受けて、時間的余裕も労力的余裕もなかったの
だそう。ダニエル・クレイグ自身も出演できたことに誇りを持っているが、
もっと余裕があれば、別のアプローチが出来たとも語っている。

そういった背景も知りつつ、1作目と2作目を比較すると、確かにかなり異なる。
1作目はカジノでの心理戦がピークとなるため、全体的にしっかりとしたストーリー
構成が練られている。カジノでの戦いまでの心理描写も実に丁寧である。
一方で、2作目は観直してみると、アクションにかなりの時間を割いており、
ストーリー上のレトリックは少ない。結末までストレートに進む印象である。

だからといって、2作目が1作目に劣るかというと、僕はそうは思わない。
確かに2作目でボンドの復讐への心理にもう1歩踏み込めればと思う部分もあるが、
アクション作品としては、これでもかというほどのアクションが盛り込まれており、
観るものを魅了する。完成された作品だ。
逆に、2作目を観て、1作目を観ると、アクションの物足りなさを感じたりもする。
もちろん、僕の好みということもあるが、この辺りのバランスが次回作「スカイフォール」
のポイントになるのではないだろうか。

何はともあれ、ダニエル・クレイグがスマートな印象のあるジェームズ・ボンド役に
抜擢された当時は避難の声が強かった。
その避難の声を覆し、今では完全にボンドという役をモノにしたダニエルの
渾身の3作目に期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。