スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアリーグの成功

引っ越してからスカパーが見えないことにより、すっかりブログで
サッカーのことを書くことも少なくなってしまいました。
なので、久しぶりにサッカーについて書いてみました。

今年のチャンピオンズリーグも準決勝、決勝を残すのみ。
我が愛するチェルシーも残っているので満足な感じですが、昨年に続き
ベスト4にプレミアリーグ勢が3チーム残るという展開。
(チェルシー以外は、マンUとアーセナル)
1stレグにおいてバルセロナのホーム・カンプノウで引き分けた
チェルシーの結果を考えると、今年も決勝はプレミアリーグ同士の
ような気がします。

僕は世界のリーグの中で最もプレミアリーグが好きなのですが、
単に自分の思考にイングランドのプレースタイルがあっているという
理由だけではありません。
テレビ画面を通して伝わってくるスタジアムの熱気、ファンのリアクション、
そういった雰囲気全てが気に入っています。

ただ、プレミアリーグがここまで来るのにはかなりの労力を
要しました。
プレミアリーグとなる以前のリーグでは、フーリガンがスタジアムを
独占し、家族で観戦をすることなど不可能でした。八百長やドーピング疑惑も
あり、一時期低迷した時代があります。
しかし、現在では、全てのスタジアムにカメラを設置し、フーリガンに
対しては入場を不可能にするなど、徹底した措置の結果、最前列で
観戦を楽しむ子供の姿をよく見かけます。
協会、クラブチーム、ファンの断固たる姿勢が今のプレミアリーグの
成功を作ったことは言うまでもありません。

最近では、海外の富豪がこぞってチームを買収し、金に物を言わせて
大物選手を外国から買いあさる様子がクローズアップされがちですが、
それは一側面を捉えているだけで、それだけ海外の投資家から見ても
リーグが魅力的である証明だと思います。
実際、そういったクラブはごく一部で、ほとんどが地域に根差した
地道な活動を続けており、国内の選手をしっかりと育成しつつ、
結果を出しています。アストンビラやエバートンなどは実によい
チームで、大物を揃えたチェルシーやマンUでもなかなか勝利できない
ことこそが、このリーグのレベルの高さを表していると思います。

そんなわけで、今後もプレミアリーグを応援していきたいと思いますが、
今年、もうしくは来年には必ず現地でチェルシーを応援したいと
思います。
今年こそ、ヨーロッパチャンピオンだ!チェルシー!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。