スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜馬がゆく

最近、司馬遼太郎にはまっていることはこのブログでも色々書いていますが、なんとなく氏の連載物を読んでは、休憩。読んでは、休憩しているため、一行にシリーズ全てを読破することができません。
しかし、この竜馬がゆくシリーズは一気に読んでしまいそうです。
実に、竜馬の闊達とした描写が面白い。

あくまでこの作品も小説ではありますが、司馬氏は徹底的に調査をするため、史実に基づいて描かれていることが多く、そのため、人物像が異様なまでに活き活きしています。

この作品を読み進めてなんとなく”ああ、こういう感覚が歴史を学ぶことの楽しさというものなのだろうな”と思ってしまいました。

小中学校で習った明治維新などは、教科書1~2ページの世界です。
そこには、これでもかというくらい人物の名前が羅列されているだけです。歴史を全く知らない立場からすると、インデックスとしてそういった人物の情報を知っておくことは重要かもしれませんが、あくまで”点”の知識でしかありません。
なぜ、坂本竜馬は明治維新を志したのか?、なぜ、西郷や桂など、他の志士と連携が取れたのか?など、とても週1度の授業では学ぶことはできません。
しかし、この小説を読むとそれら”点”が全て、”線”であることが分かり、その”線”は自分たちの今の生活に続いているのだということが実感できます。

歴史の視点としては賛否両論あるそうですが、司馬氏曰く、あくまでこれは小説です。
歴史書ではないので、全てを鵜呑みにすることはできませんが、自分たちのルーツ、過去を学ぶにはこれ以上の作品はないようにさえ思えます。

そんなわけで、このシリーズ、夏までには一気に読んでしまいたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。