スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜馬がゆく (6)

いよいよ”幕末”と呼ばれるにふさわしい時代へと物語は差し掛かります。
幕府に対して、本腰を入れて牙を剥き始めた長州、そして、その長州と秘密裏に手を結ぶ薩摩。

様々な思惑が重なり、またバラバラになりそうな危うい時代を、相変わらず竜馬が颯爽と行き来する姿は、様々なしがらみを感じる現代においてはうらやましく見えます。
まあ、当の本人にとってみれば、激動の時代をうらやましく思う現代人の感覚を疑うでしょうかが。

本巻の見せ場は、終盤、竜馬が長州艦隊を率いて幕府艦隊と対するシーンでしょう。
人殺しを極力嫌う竜馬も、時代の波におされ、ついに幕府と決戦することになるという重要なシーンです。
時代的にも大きな意味を持つ戦いですが、竜馬個人の人間を語る上でも重要な戦いだったように思えます。
残り2巻。一気にいきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。