スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖刻群龍伝 龍虎の刻(2)

正直、この巻を読んで、中だるみしてきた感が強いです。

壮大なファンタジー世界を背景に、政治と戦争が華麗に物語られ、ともすれば、淡白になりがちな人間関係も丁寧に描いているところが魅力の本作品。
しかし、前巻と本巻においては、それが裏目にでているような気がしてなりません。

舞台は、デュマシオンの子供たちが中心となり、新しい時代を象徴するキャラクターたちが大団円に向けてキーとなるのでしょうが、個人的にはそんな迂遠な展開は止めて欲しかった。
若いエネルギッシュなデュマシオンの状態で、宿敵レクミラーとの決戦を、むしろ丁寧に、繊細に描くことを望んでいただけに、この展開は残念でなりません。

高校時代から読み続けている小説なので、最後まで読むと思いますが、よっぽど劇的な展開にならない限り、心に残る名作とはならないような気がします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。