スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年メリケンサック



監督・脚本、宮藤官九郎。
映画公開時も宣伝をバンバンやって、劇場で見なかったことを後悔していたので、やっと見れました。という感じです。

で、率直な感想としては、”期待しすぎたなか”って感じです。
宮藤官九郎は非常に好きな脚本家で、その持ち味は軽妙な展開と締めるところは締めるという緩急にあると思っていました。
この作品でも、持ち前の緩急とお笑い要素は多分に含まれていたのですが、それを表現するための演出力がさっぱりと言わざるを得ません。いつもの

宮藤官九郎作品のように画面にぐいぐい引き込まれていくという感覚がなかったです。なんか、ざらっとした違和感が見ている間ずっと残りました。
違和感は、キャスティングにも感じました。キム兄は魅力的なキャラだと思いますが、使いどころを考えないと難しい個性だといつも感じています。そして、演技力が決して高いわけではないので、時間の多い露出は難しいか、と。そういう意味で、今回のキャスティングは失敗だったと思います。
作品のかなり重要な役どころをキム兄に任せてしまったことによって、締まるべきはずのところが、締まらなかった印象を強く持ちました。(序盤はよくても、後半はかなりしんどい)
一方で、宮崎あおいの演技は非常に魅力的だったと思います。新境地を開いてますね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。