スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVATAR

「タイタニック」以来、久しぶりの監督作品。ジェームズ・キャメロン監督が自分が見たという夢をベースに作った「AVATAR」。ついに見てきました。だいぶ、公開前から評判でしたらかね。

これ、是非、3Dシアターで見て欲しい!
めがねが面倒臭いですが、飛び出して見える感覚はかなり新鮮です。
DVDやネット配信の普及でなかなか劇場に足を運ばないと言われて久しいですが、これはその起爆剤になるかもしれません。(そのうち眼鏡を販売するれば、家庭でもできそうですが・・・)
特に光の粒子が降るシーンなんかは、本当に目の前に降ってきているような錯覚を覚えます。
091229avater
で、感想はというと、デザイン、美術が素晴らしい。特に惑星パンドラを完全に表現したCG美術には感動しました。これを越えられる映像美は、今後のファンタジー作品の中からはなかなか生まれないでしょう。
一方で、ストーリーには疑問が残ります。
↓↓↓以下、ネタばれ注意。
と、いうのも、前半面白いなぁと思ってみていたのが、主人公は人間の立場と原住民の立場に身を置くことで、それぞれの主張に理解を示します。なので、そこからお互いにとってベストな答えを見つけるというのがこの映画のテーマであるのだと思っていました。
ところが、どうもテーマは”民族を超えた愛”というところにあったらしく、住処を焼き払われた原住民を守るためにあっさりと主人公は原住民側につきます。そして、取った手段が人間たちへの”暴力”という報復です。
これには、心の底から”えーっ!!!”と思ってしまいました。
エンターテイメントとして、ラストに大盛り上がりのアクションシーンが必要なのは分かりますが、この描き方だと”私たちが信じる生活を守るためには戦うしかないんだ”という主張に聞こえ、ヘタをすると現在世界で多発しているテロを肯定していると取られかねません。
こういったアメリカ的な短絡的な展開にはかなりの違和感を感じました。

というわけで、率直な感想としては映像、ビジュアルとしては満点となり、作品としてはとても名作とは呼べないと個人的には思っています。
世界の巨匠に対してエラソーな意見ですが、最後の展開は本当に受け入れがたかったですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。