スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年に見た、聞いたおすすめ

2009年を振り返るために、このブログを改めて見ていたんですが、改めて記憶ってあいまいなものだなぁと思いました。
特に年頭に見た映画なんかは”あれ?これって今年だっけ???”と遥か昔に見たのような気持ちでいっぱいでした。と、いうわけで、今年見た、聞いたもので、記憶に残ったものをメモしておきたいと思います。

まず、映画。

西川監督の「ディア・ドクター」。珍しく邦画という結果になりましたが、ちょっとこれを超える作品には1年通して出会えなかったですね。確か先日のニュースかなにかで、国内の映画賞はこの作品が中心だとか。納得の結果だと思います。

次に、音楽。

シドの「嘘」。このシドというバンドはこの曲以外は聞いたことがありません。なので、正直どういったバンドかはわかってないんですが、そういうことすら気にならない、道を歩いていてもふと足を止めるだけの魅力を持っています。特に歌詞がお気に入りです。

次にドラマ。

成人して初めて全話見たのではないでしょうか。ドラマは大河ドラマ「天地人」をあげたいと思います。
前半は不必要な演出で気負いすぎていた感がありましたが、後半はシンプルな演出に徹し、役者の演技を最大限に引き出していたと思います。終盤の年老いた兼続についても妻夫木くんは熱演でしたね。
個人的には音楽がもうひとつだったと思います。

ちなみに、次点はTBSドラマ「仁」。
途中までは素晴らしい展開だったんですが、最終回が大コケしてしまいました。シナリオに文句をいうつもりはないのですが(続編や映画につなげるのはまたしょうがない。実際はまだ企画していないそうですが)、予告では”全ての謎が解ける”とうたっていたにも関わらず、全く何も解明されないのにはあきれて声もでませんでした。これこそ世に言う”誇大広告”以外のなにものでもありませんでした。
出演者も名演技を続けていただけに、残念な気持ちです。最終回が素晴らしければ、間違いなく、このドラマが2009年の一押しになっていたと思います。

次に本。
これはやっぱり司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」ですね。

これまた中学生の頃に読むような本を今更かと言われそうですが、竜馬という魅力的な人物を史実に基づき、我々に身近な存在として近づけてくれた司馬先生に感謝したいです。また、時間できたら読み返したいものです。

次にアニメ。

「コードギアス」ですね。既に数年前にブレイクをはたしたアニメなので、今更描かせてもらうのも恥ずかしいところなんですが、正義と悪が共存する主人公。メカアクションに頼らないストーリー展開。一方で、学園ものという萌え要素も兼ね備えるという新しいアニメーションの姿を見せてくれたと思います。
嬉しい話ですが、続編の企画が進行しているんだとか。ルルーシュが死という結末を迎えた以上、主人公は別の人間になると思いますが、是非是非新作が見てみたいものです。

最後にゲーム。

これも、またまた2008年6月に発売されている作品のコメントなので恥ずかしい限りですが、やはりこのシリーズは本当に面白い。
僕はかなりハードボイルド路線がすきなのですが(人間味が最も現れているように感じるから)、それをゲームで表現してくれているのはこのシリーズ以外にはないと思っています。また、PS3の可能性をフルに引き出した作品としても評価してしかるべきだと考えています。まさに歴史に残る一作ではないでしょうか。

と、いうわけで、走り書きになりましたが、2009年に触れた作品たちでした。
興味のある方は、是非ひとつでも触れてみてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。