スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010Movie 01】ONE PIECE STRONG WORLD

今年の目標は映画100本!(注:DVDも含む)と、いうことで、記念すべき1本目。
珍しいチョイスになりましたが、新年1本目はアニメです。それも「ONE PIECE」。

100105OP
映画の感想を述べる前に、僕は「ONE PIECE」の原作の大ファンです。
が、しかし、TVアニメについては、かなり否定的です。
その理由は、単純に”品質が低い”からです。
回によってはキャラは崩れているし、演出はグダグダだし、原作のテンポのよいギャグのやり取りは再現できていないし、原作ファンという厳しい目線もあるとは思いますが、それを差し引いてもとても許容できるものではありませんでした。なので、これまでは映画作品もスルー。全く興味を示していませんでした。
ところが、今回は違います。
原作の尾田栄一郎氏が自ら総指揮となり、10周年記念ということもあり、設定からクオリティまで目を光らせるとのこと。また、ジャンプなどで映画につながるエピソードの漫画を展開していたのを見て、いやが上にも期待は高まります。

で、見た感想というと、面白かったです。
尾田氏総指揮のもと、作画のレベルも高く、演出も緩急がついています。(声優さんの演技もよかったですね)

また、この作品の最大の魅力だと感じているストーリー展開のテンポ。それが抜群でした。特に冒頭でナミを拉致したシキが仲間と城で会話をするシーンは、シキたちのキャラクターを説明しつつ、状況を説明しなければならない重要なシーンです。
ところが、このシーンでギャグを交えつつ、シキというキャラクターの腹黒さを垣間みせた展開は、素直に感嘆してしまいました。
ただ、唯一残念なところはキャラクターがいよいよ多すぎるので、それぞれの活躍を2時間におさめられない!
特に、ゾロとサンジがシキの幹部と戦うシーンはあまりに一瞬で、笑ってしまいました。まあ、これは展開がもったりしてしまうので、仕方ないですね。

さて、余談ですが、この作品のオフィシャルサイトを見たところ、サイト下部に、
100105OP02
こんなにタイアップの企業が。
ここまでの大作になると、当然これくらいの企業がタイアップにつくべきだと思いますが、”ワンピースのような大作だけ”というのも考えものだと思います。
ワンピースにしろ、ガンダムにしろ、日本経済の中でキャラクターがビジネスに貢献できることは証明できたので、その他のキャラクターにも注目し、様々なタイアップを試みて欲しいと思います。
その環境が整うことで、新しいクリエイターが育つ土壌にもなると思うので。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。