スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010Movie 29】 エアベンダー

M.ナイト・シャマラン監督が本格ファンタジーに挑んだ話題作。全米でそこそこ話題になっていたので、期待を込めて3Dで鑑賞した。

シャマラン監督といえば、「シックスセンス」で一躍業界の寵児として注目を集めたが、その後の作品はぱっとせず。特に「レディ・イン・ザ・ウォーター」ではラジー賞まで取っちゃう始末。なかなかブレイクしているようで、していない。

ただ、個人的には非常に好きな監督。
この人の映画を見ると、教科書どおりの映画というか、映画の基本的な作り方を実感できる。
その理由は、緻密なカット作りにある。
感情表現を壊さないひとつひとつのカットが非常に丁寧で、見ていて気持ちがいい。
”ここは主人公の気持ちを視聴者に伝えるために、ぐっとこらえるカット!”という監督の声が伝わってくるかのように丁寧な画作りが素晴らしいと思う。

ところが、この作品。シャマラン監督にはあるまじき大雑把な展開にちょっと腰砕けになってしまった。
特に、エアベンダーと一緒に旅をする青年と、水の王国の王女さまが恋に落ちるくだりをナレーション一発ですませてしまう展開には正直興ざめだった。
ファンタジーとしても個人的にはありきたりな設定、ストーリーで好みではない。(日本のアニメファンタジーの方がよっぽど設定が凝っていて面白いと思う)

そんなわけで、初めてシャマラン監督にがっかりしてしまったこともあり、今後の監督作品への対応を考えたい今日この頃。まあ、このエアベンダーの続編を見に行くことはないと思う。
100721airvender
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。