スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010Movie 32】 トイストーリー

多くの友人から「トイストーリー3」が面白いと聞き、それを見るために一気見をしてみた。
ピクサーファンでありながら、恥ずかしながらこのシリーズだけは1度も見たことがなかった。

公開が1995年とある。
その頃はまだまだPCのスペックも低く、これだけの作品を作り上げるためには相当な労力が必要だったことが予想できる。
しかし、この作品がCGアニメーションという新しい分野を開き、その後の作品に大きな影響を与えたことは言うまでもない。

この作品の素晴らしさは、単純にCGの技術が高いというだけではない。
練り抜かれたシンプルなストーリー、エンターテイメントに徹した演出が何よりも映画的で素晴らしい。
CGクリエイターという以前に、ジョン・ラセターは純粋なアニメーターであり、彼のイマジネーションは細部に渡るまで明確な意図に満ちている。
特にアニメーションにおいては、セルアニメーションに比べ、CGアニメーションの方が有利だ。
トライ&エラーが聞くし、モーションキャプチャーを使えば、人間のリアルな動きも再現することができる。
そういう意味では、ジョン・ラセターという才能に対して、時代がCGという新しい技術を与え、化学反応を起こさせてことは必然だったのかもしれない。

CGアニメーションの進化は早い。実際、映像クオリティはどんどん上がっている。
しかし、この作品は決してチープには見えない。技術が進歩し、チープに見える映画も多数見受けられる中で、色褪せることなく、ユーザーの心に生き続ける作品があることを改めて知った。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。