スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010Book 16】 竹内 謙礼, 青木 寿幸 「投資ミサイル」

この本に出会ったのは日経新聞の広告欄。
まじめな話の中に突飛なデザインの装丁が際立っていた。
装丁がすばらしい。

そんなポップなデザインの装丁から想像されるとおり、内容も非常にポップに飛んでいる。
投資の基本を小説の中でわかりやすく説明していくという展開はこれまでもあったと思うが、この本はそもそもの設定がぶっとんでいる。
主人公のOLが投資に成功し、事業を成功させていく導き手としておかれているキャラクターがロボットなのだ。
そして、そのロボットを主人公以外の周囲の人間があっさり認めるところが、また面白い。

肝心の投資の基礎知識の部分であるが、細かい部分については正直理解したとは言いがたい。
ただ、その難しいところを主人公の置かれた状況に照らし合わせ、分かり易く形容してくれるため、本質を理解することができる。たとえば、不動産投資において、ひとつの金利が下がったからといって、単純に得になると安易に飛びついてはいけない。税金やある程度の期間での劣化による家賃下落シミュレーションなど、俯瞰的に何を把握しておくべきかを教えてくれる。
そのため、投資を学ぶためのとっかかりをシンプルに伝えてくれる。
投資の本は何冊か読んだが、難しい計算式が出てくる度に挫折していた。また、読破したとしても、距離がある感じで、自分の身になっていたとはいいがたい。
しかし、この本は、そんな投資に対して苦手意識がある人にぜひおすすめしたい。間違いなく、苦手意識が少なくなると思う。

また、エンターテインメントとしても面白い。
ありがちなストーリーなのだが、ラストのシーンには少し、ほろりとしてしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。