スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010Movie 45】 ロビン・フッド

監督リドリー・スコット、主演ラッセル・クロウといえば、「グラディエーター」でアカデミー各賞を獲得した名コンビ。
そのコンビが、世界でもよく知られている英雄ロビン・フッドを扱うということで、期待せずにはいられない。
Robinfod101230
そんなわけで、早速観てきたが、さすがにリドリー・スコットと言わざるを得ない。
2時間半ほどもあり、見る前は”やや長いな”と思っていたが、全く気にならなかった。あっという間に時間が過ぎ去る作品への引き込み方は、見事。
見終わった後に理由を考えてみたが、シンプルなストーリー展開ながら、なるほどと思わせる要素が多い。今回も、よく知られたロビン・フッドの物語をどう展開させるのかと思っていたら、ロビン・フッドがなぜ、ロビン・フッドにならざるを得なかったのかに焦点をあて、その点を軽妙に描いている。なので、シャーウッドの森などの有名なエピソードはほんのちょっとしかでてこない。これは新しいロビン・フッドの解釈であり、見る人に新鮮な印象を与える。

また、ラッセル・クロウのアウトロー者らしい演技も素晴らしい。失礼な話だが、この人ほど、埃っぽく、汗臭い演技が似合う人はいないだろう。

ただ、”名作だ!”とまで言い切れない。
なぜかというと、あまりにも名作「グラディエーター」に印象が似すぎているからだ。紀元前のローマと今回の12世紀のイングランドでは、舞台が全く違うはずなのだが、印象がかぶってしまう。
もっと、衣装のカラーや映像表現で印象を変えるべきだったかもしれないと個人的には思う。

ただ、それを差し引いても見ごたえのある大作。お正月、テレビがつまならいときに見るにはおすすめの一作であることは間違いない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。