スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011Drama 01】 ハゲタカ

半年間かけて、やっと見終わった。6話しかなかったのに、ほんとに
時間がかかった・・・

感想としては、日本にもまだこんなドラマを作れる人がいたのか、と
素直に感動した。

大森南朋の出世作となる本作。


当時としては、かなり思い切った起用だとは思うが、作品の中で
鷲津というちょっと俗世間離れしたキャラクターにはまさにはまっている。
ただ、やはり柴田恭兵がうまい。
日本のしがらみから脱しきれず、苦悩するサラリーマンを見事に
演じ切っている。

ヒットしたポイントとしては、バブル崩壊とずっと言われてきたが、
あの当時何が起きていたのかにスポットを当てたことだろう。
実際、バブル崩壊、バブル崩壊と言葉が踊り、日本は未曾有の不況に
突入したが、本当に実感していたのは、まさにこのドラマに登場した
ような立場の人々だったのだろう。

また、そういった時代背景に鷲津という男を登場させ、
そのひとりの男の再生を描いたストーリーはエンターテイメントとして
秀逸だったと思う。
金の亡者なのか、本当は過去のことを憂い、やり直したいのか。
本心が分からない鷲津というキャラクターを据えた事で、
より作品に緊張感が走っていると思う。

個人的には、ドラマも教育としての一環を担っていると思う。
なので、こういった質の高い社会派ドラマが生まれることを
期待したい。
ただ、このドラマ以降、注目されるドラマは出ていない。
それどころか、日本のドラマの質は下がる一方である。
残念でならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。