スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑感】 必要とされるのは「現実解決」と「情報判断」能力

震災から時間が流れ、現状を分析する余裕が生まれ始めている。
そのため、日々、批判的な記事を目にすることが多くなった。

個人的には”しょうがない”とは言わないまでも、全てが全て
批判されるような行動を、行政や東電が取ったとは思わない。
今回の災害は、我々の予測を超えたものであったことは間違いなく、
その中で、”まずい”判断は残念ながら痕跡として今も残ってしまって
いるが、多分にあった”うまい”判断はある程度機能したものの、
次から次に起こる想定外の事態に忘れ去られていったのでは
ないかと想像する。

話を進める。


僕としては、今回の災害において、最後の要はやっぱり”人”なんだな
ということに改めて痛感している。
なので、長い期間でみた復興において、教育は大きな責任を担うことに
なるだろう。

これまで私は日本の教育制度に批判的だった。
大学受験の際に経験した詰め込み型の教育は今も理解できない。
(その頃は随分アメリカの自由な教育環境に憧れたものだ)
しかし、高度経済成長を生み出したものは、間違いなくこの教育制度であり、
全否定することはできないとも思っている。

しかし、時間は流れ、環境は変わる。
今回の震災のように、人知を超えた事態も起こる。
自然の猛威の前に、これまで日本が誇っていた技術はなんと無力
だったことか。しかし、その猛威に僕たちは打ち勝ち、生き延びなければ
ならない。

なので、僕は教育のやり方を見直すべき時にきていると思う。

では、今、何が不足していると感じているのか?
まずひとつは、「現実解決」能力を養うべきではないだろうか。
現実解決とは、単に問題を解決すればよいのではなく、危機に直面した際、
あらゆる可能性を想像し、冷静に判断をくだせる能力だと、僕は定義する。
知識、技術を深め、柔軟な思考を身に着けることで、多くの問題は解決できる
だろう。
しかし、今回の震災のように、我々の予測を飛び越えた事態に対しては
知識や技術だけでは不十分だ。原発事故における保安院や東電の
リーダーたちは、明らかに動揺していた。そして、不明瞭な説明を続け、
実際に批判されてもしょうがない判断の遅れを生み出している。
あの人たちは優秀なのだろう。知識も、技術も業界においてトップクラスな
はずだ。そうでなければ、あれほどの組織のトップには就任できない。
しかし、想定外の現実を受け入れ、危機に柔軟に対応する胆力と発想力に
ついては、どうだっただろうか?
人の育成は高い水準の教養を与えればよいわけではない。
メンタル面、はてはフィジカル面においても、リーダーとして適正でなければ
ならないのではないだろうか。
そのため、私は現実を受け入れ解決できる”心・技・体”の充実した
「現実解決」能力の育成が必要であると考える。

もうひとつの「情報判断」能力とは、まさに新時代に合わせた必要能力だと
僕は定義する。
”情報化社会”と呼ばれて久しいが、インターネットの登場により、
ひとりが取得できる情報量は圧倒的に増えた。
今回は、そのネットのおかげで随分民間レベル、個人レベルでの支援が
可能となったような気がするが、一方でデマが爆発的に広がる光景も
目の当りにした。
2次災害はこういったデマによるところが多い。
自衛のためにもこういったデマに振り回されないことは、今後より重要になる。
また、原発問題において、多くの専門家がマスコミに登場した。
日々、入れ替わり、立ち替わりで専門的説明を行うが、原子力が難解な
側面を持っていることもあり、結局、よく分らない。
我々の生活にどういった危険があるのか不明確なまま、放射能に怯える日が
続く。
これまでは、”専門的なことは、専門家が対処してくれるだろう”と
考えきたが、こと原子力については専門家ですら、立場によって解釈が異なり、
僕たちの生活を直接危険にさらす存在であるはずの放射能に対して、
抜本的な対策が取られないという事態にまで陥っている。
更に、事態は進んでおり、放射能に苦しむ福島県の人が差別を受けている
というニュースも見られるようになってきた。本来は保護されてしかるべき
人たちが、更に酷い仕打ちを受けるとは何事かと憤る。
しかし、デマとはこういった事態を平気で生み出せてしまうのだ。

情報を容易に取得できる環境は、僕たちの生活を劇的に変えた。
しかし、情報に振り回される事態も増えた。また、専門家に頼り切ることも
できないという事実も知った。
そうなった場合、溢れる情報の中から正確な情報を見極め、自分自身で
判断する。あるいは、必要な情報を更に集め、精査していく「情報判断」能力が
より高いレベルで、個人のレベルで必要になることは間違いないだろう。

上記に上げたような能力は、知識詰め込み型の今の教育制度では、
決して養えるものではない。
そのためには、様々な創意工夫をこなし、真摯に教育を考えていくことが
必要だと、僕は思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。