スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011Book 13】 西部譲司・浅野賀一 ”戦術に関してはこの本が最高峰”

最近、フットボールの戦術研究にはまっている。
そんなわけで、フットボールの戦術関係で乱読している本の1冊。

イタリア、イングランド、スペイン。
W杯などの国際大会において、各国のフットボールのスタイルは大きく異なる。
では、クラブチームではどうかというと、やはりその国のスタイルが色濃くでる。

それは知っている。


が、しかし、よくよく考えてみると、各国の特徴はなんとなく知っているだけで、
知識として知っているのかと言われると、心もとない。
そんなわけで、改めて各国のクラブチームの戦術を記したこの本を読んでみた。
また、以前読んで面白かった「戦術クロニクル」の西部氏の著書であることも
あって、購入してみた。

各国のクラブチームの特徴を、もっともその特徴が表れた時のチームを
ベースに書かれている。
分かりやすい。
が、一方で、1チームあたりの説明量が少なく、深い考察までにはいたって
いない。その点は、やや物足りなく感じた。

しかし、各クラブチームの戦術を改めて活字で読み、整理するということは、
意味のあることだと感じた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。