スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011Movie 28】 SUPER8

スピルバーグ制作、J.J.エイブラムス監督と聞いて、見に行かない訳がない。
そんなわけで、早速見てきた。
SUPER8110629
感想は、ひと言”これぞ、映画!”。
ベタだが、最初の5分で引き込まれる丁寧なカット割、カメラワークに「これはいい映画だぞ」
と直感した。

以下、ネタばれなので注意。

 個人的には十分楽しめたが、ただし名作というほどではない。
ストーリーは恐ろしくシンプルであり、ひねりがなく、映画の王道まっしぐらというところ。
気弱な美景の少年。金髪の美少女。デブの友達。ちょっと気が狂っているような同級生。
子供への接点が少ない警官の父親。そして、酔っ払いの近所の男。
ここまで書いてだけで、ベタさが伝わるのではないだろうか。

ちなみに、タイトルのSUPER8とはカメラのこと。
このカメラにエイリアンが映っていたことで状況が急変するというミステリーじみた予告
だったが、実はカメラに何かが映っていたというくだりは特に重要ではない。(笑)
中盤手前ぐらいで、明らかにエイリアンだということが分かるので、特にカメラに
変な生物が映っていても驚かない。 
実はこのことが、この映画の本質であったりする。
あくまでキャッチーにSF要素を押し出しているが、単なる青春映画なのだ。
母親を亡くした内気な少年が、初恋をすることで男として目覚めていくという、これまで
何百と語られてきた物語のひとつなのだ。
最後は、(多少間抜けな感じで)エイリアンが宇宙に帰っていくが、そんなことは
どうでもいいのだ。
だからこそ、多くの人の共感をよぶことができると思うし、現実社会と地続き感がある
ということで共感が持てた。

カット、場面展開、カメラアングルなど、映画作りの観点からすると本当にお手本に
なる作品だ。やはり、作品とはこれくらい丁寧に作らないといけないと改めて
思わせてくれる。 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。