スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑感】 自律神経の不思議

いつもはだいたい作品のレビューしかしていないこのブログだが、これからは
なるべく自分の考えみたいなものをもっと書いてみてもいいのかと思い、書いてみた。
特に理由があったわけではない。本当になんとなく。
だから、明日以降続く保証もまるでない。

さて、この2011年6月という月は、厄年でもないというのに、ここ数年ないくらいの
風邪っぴきだったように思う。


ひき始めは月初。それから治りそうになってはぶり返しを繰り返し、気が付けば
6月末となってしまった。
いい加減、治さないとと思い、原因を究明したところ、思い当たることは2つ。
ひとつは、節電を意識したあまり、エアコンを使わずにいたところ、全く安眠できず、
毎朝寝汗びっしょりで起きるという生活を繰り返していたこと。
もうひとつは、この6月は寒暖の差が激しく、環境の変化に対応できず、
いつまでたっても風邪が治らなかったようだ。

さて、ここからタイトルの自律神経の話になるのだが、これだけ寒暖の差が激しいと
万能と思える人間の自律神経も切り替え対応が間に合わないようだ。
6月初旬に暑くなったものだから、体は夏モードにシフトしていたにも関わらず、
上着がないと寒いくらいに気温が落ちたものだから、夏モードだった体に
エラーが起きた。そして、もう1度、夏モードから春モードに切り替えようとしたら、
再び暑い日が襲来し、僕の中にある自律神経というCPUが見事に狂って
しまったというのが僕が考え抜いた推論である。

しかし、今回は別に”おい。自律神経、しっかりしろ”と叱りたかったわけではない。
むしろ逆。
よくよく考えると、人間の体って本当によくできているなと改めて感心したのである。
自律神経、褒めてあげたい。
だって、冷静に考えてみると、外気が高くなったから、体温を下げるよう働く。
逆に、外気が低くなったら、体温を維持するように働く。
文章で書いてみると、シンプルだが、これを自動的にできる機能を生まれもって持っているって、
改めてすごいと思う。
似たようなテクノロジーは世の中に存在していると思うが、ここまで繊細で、優しい能力は
ないのではないだろうか。この機能性を人間が創りだしたもので追い抜くことは
まだまだ難しい気がする。

ただ、今回のように、生まれつき自らに備わっている、そんな素晴らしい機能も
時には狂ってしまう。
そして、それは”いち個人”という全体に多大な影響を与え、パフォーマンスを下げて
しまう。由々しき問題だ。

プロフェッショナルの社会人として、自らの体調管理は基本中の基本。
また同じことが起こらないように、再度、自分の体調管理と、頑張ってくれている自律神経を
自愛したい。
さて、最後に、この文章であるが、決して最近仕事が進んでいなかったことの言い訳のため
ではない。決して。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。