スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑感】 2011年上半期映画を振り返ってみた

今年も半年が過ぎたということで、この半年で見た映画を振り返ってみることにした。
今のところ、劇場、DVD合わせて33本を鑑賞している。年100本を目標にしているだけに
半年で50本は見ていないといけないところ、-17本さぼっていることになる。
特に、劇場での鑑賞数が少なく、33本のうち、13本と半分も見れていない。
これは由々しき事態である。反省したい。



さて、この33本を振り返ってみるとやはり最も印象に残っているのは、
「ソーシャルネットワーク」。今のところ2011年のベストといえる。
フィンチャーらしくない、軽妙な作品は非常に好感が持てた。
残り半年で、この作品を超える作品に出会えることを期待したい。

あと、ざっと振返ってみると、記憶に残った作品としては意外にもアジア作品が多い。
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武が出演した「ウォーロード/男たちの誓い」は面白かった。
友情で結ばれた3人が、時代の波に翻弄され、憎んでいくストーリーは心にずっしりとくる。
また、韓国映画の「映画は映画だ」も記憶に強く残っている。
都合により、現役のやくざが映画に出演するというありえない設定ではあるものの、
道を踏み外してしまったものが、再び夢を持って生きることの難しさを荒削りなれど、情熱的に
描いている。非常に好感のもてる作品だった。

一方で、ワールドワイドのクオリティは保持しているが、記憶に残る作品が少なかったのが、
ハリウッド作品だ。
「アンストッパブル」、「ザ・タウン」、「アンノウン」などはいい作品なのだが、もうひとつ何かが
欲しいところだった。(「RED」は狙いどおりで笑えるが、名作とはいえない)
後半戦では、是非、ハリウッドらしいパワー溢れる大作を期待したい。

特に最近はDVDで平日でも映画を鑑賞することができている。これはよいリズム。
しかし、劇場に足を運ぶ機会が増えているとはいえず、もっと劇場で作品を見て、
新しい価値観にどんどん触れていきたいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。