スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011Movie 44】 ヒットマンズ・レクイエム

”シュールな映画”。それが僕の率直な感想である。
ヒットマンであるという異様な設定でありながら、語られるのはヒューマニズムで
あるというアンバランス感が、なんともすわり心地の悪い感情を抱かせてくれる。
それは決して非難しているわけではなく、印象に残る作品であるという
褒め言葉である。
CapD20110726

アンバランスな感覚、言い換えるとふわふわした感覚なのだが、その理由の
ひとつは、舞台がベルギーのブルージュであるというのもあるだろう。


日本人でもイメージできる童話の世界そのままの風景が今も現存している
という貴重な街だ。
だからこそ、全体的な雰囲気がなんともふわふわした感じになっているように
思う。
終盤、凄惨な殺し合いが繰り広げられることになるのだが、それすらも
おとぎ話のように見えてしまう。演出としては、なかなか見たことがない
アプローチだ。ファンタジーのように感じてしまう演出に注目していただきたい。

また、もうひとつの見所は、コリン・ファレルだ。
やはり、この人は天才である。
登場して5分で、神経質な気の小さい青年ヒットマンを印象付けることに成功し、
一気に視聴者を作品に引き込んでしまう。
殺しに悩む様子、冷静にトラブルに対処する様子、荒ぶる様子など、多彩な
顔を見せないといけない役どころにもかかわらず、違和感なく、するりと演じきって
しまっている。
なかなか癖のある役どころが多いが、それらを見事に演じ切る懐の広さは、
同年代の俳優の追随を許さないだろう。
ただ、近年はシナリオに恵まれているとは言えず(本人のトラブルも多いため)、
名作といえる作品に出演していないのが、残念である。
今後の出演作に期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。