スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012Movie 34】 エヴァンゲリオン新劇場版:Q

前作「破」が大団円のまま終了し、エヴェはほんとに変わったんだ!と誰もが
胸を高鳴らせたところ。それほど、前作「破」は今までのエヴェにないほど、
ハートフルな着地点にたどり着いていた。
Ev03


しかし、今作は、制作サイドが、そんな世間の反応に嫌気がさし、「破」公開後、
大幅にシナリオを書き換えてしまったのではないかと邪推してしまうほど、
エヴァらしい歪みと鬱に満ちた作品となっている。

以下、ネタバレなので注意。

続きを読む

スポンサーサイト

【Diary】 新海誠監督イベント

2011/09/25 銀座のAppleストアで事前予約なしで、「星を追う子ども」などのアニメーションで有名な新海監督が制作に関する講演をするというニュースを発見し、急遽ダッシュ。ぎりぎりについたこともあり、立ち見だったが、有意義な時間を過ごす事ができた。何より生で監督を見れたことは、一生記憶に残るだろう。そして、物づくりに対する大切な勇気をもらう。うだうだ言い訳せず、とにかく作ればいいのだ。監督、ありがとうございました。

写真

【2011Movie 51】 デビルクエスト

十字軍時代を舞台にしたファンタジーという設定はなかなか珍しいのではないだろうか。
しかも、主演はニコラス・ケイジ。これだけで話題性はあると思うのだが、都内でも
公開されている劇場がなかなか少ない。
と、いうわけで、期待せずに見に行ったのだが、これがなかなか面白い。
CapD20110810_5


以下、ネタバレなので注意。

続きを読む

movie

■■■ 最も影響を受けた作品たち ■■■
僕の中で、人生が変わるほど、大きな影響を受けた作品。

manga

■■■ 最も影響を受けた作品たち ■■■
僕の中で、人生が変わるほど、大きな影響を受けた作品。

book

■■■ 最も影響を受けた作品たち ■■■
僕の中で、人生が変わるほど、大きな影響を受けた作品。

【2010Movie 33】 トイ・ストーリー2

技術的な進歩がそうさせたのか、突如、キャラクターが増える今作。
正直、シリーズの中ではキャラクターが多すぎて、どこを見ていいのか分からない作品だった。
シンプルなストーリーが持ち味のシリーズだと思っていたので、少々残念。ちょっと詰め込み過ぎた感あり。

ただ、バズが自分以外のバズと巡り合うという設定は面白い。
自分が、自分以外に存在するということをあっさりと受け入れるという設定も。この点は秀逸。

Final Fantasy XIII

まだ、プレイして10時間も経っていませんが、FF13をプレイした感想です。

これはゲームではないですね。(悪い意味ではないです)
インタラクティブな映画をプレイしているようなそんな感覚です。ちょっと敵と戦っては、ムービーを見て。また、ちょっと進んでは、ムービーを見てといった感じです。 各キャラクターの人間性が丁寧に描かれている様は、FF10を彷彿とさせます。
しかし、個人的にはストーリー重視派なので、嫌いではないですが、ゲーム性を求めるユーザーからは高い支持がえられるかどうかは微妙だと思います。特に前半は選択肢の少ない1本道の展開なので、その辺りが後半どういった形で解消されているか気になるところです。
でも、グラフィックの凄さはケチのつけようがないです。
CGが凄いというよりも、デザインのセンスがすごいと思います。飛空挺だったり、森や街の描写だったり。

イラスト集なんかが出たら是非手に入れたいですね。

メタルギアソリッド ピースウォーカー

メタルギアソリッドの次回作はPSPで登場です。
タイトルは「ピースウォーカー」。メタルギアソリッド3の続編ともいえるストーリーです。

ストーリーも気になるところですが、今回の魅力はやはりそのゲームシステム。
PSPということで、複数人で遊ぶことが前提とされており、そのアクションが多彩なところに目を見張ります。
緊迫した戦場で知らない人同士でプレイするとなると、悠長な会話は当然できません。
でも、さすがは小島監督。そういった細かいところはケアされているようで、簡単な会話のやりとりで手軽チームプレイができるようです。トレーラーでそこら辺の紹介がされているので、興味のある方は是非一見あれ。

091228PW

ウイイレ2010雑感

最近、このブログに書くネタがありません。
それは、なぜかというと、帰ってから寝るまでの間、ほとんどこのゲームをしているからです。
091203WE

自分でもアホだなぁと気付きつつも、やり始めると平日夜遅く帰ってもついつい2、3時間やり続けている自分がいます。
プレイしているのは”マスターリーグ”モード。世界の有名なチームを選択して(ちなみに、僕はチェルシー)、リーグ戦やヨーロッパCLを戦うのですが、今回はいつもとちょっと違います。

これまでのシリーズではポイントというかたちで、試合に勝ったり、大会で優勝したりするとポイントがどんどん増えて、そのポイントで新しい選手を獲得できたりしました。

ところが、今回はこのあり方が大きく変更されている。

まず、これまでは勝利したりするともらえるポイントが一律だったのに対し、今回はチームにスポンサーがつかないとこのポイント(今回から金額)が増加していきません。つまり、単純に試合に勝っても、スポンサーがついていなければ、チーム強化に必要となる資金を調達することができません。
また、これまでは選手への支払いのみを意識しておけばよかったのですが、スタッフへの支払いや下部組織への資金投資など、お金を使うべき対象が増えています。
そんなわけに、これまでよりも運営をじっくりやらないといけないのですが、僕自身は、これまでのシリーズと同じ感覚でプレイし続け、3冠(国内リーグ、国内カップ、CL全てを制覇)すれば資金が潤沢にあるものだと思い込み、有名選手をばしばし獲得し、所属選手に高給をバンバンはらっていたら、3シーズン目で破産をむかえる事になりました。涙

なぜだ!こんなに勝ち続けているのに・・・
と、いうようなドMな仕打ちを受け、止められない状況となっているわけです。

本当に毎日時間を無駄にしていると思いながらも、麻薬のようなこの感覚に病み付きになっている今日この頃でした。

※ゲームモードが詳しく分からなかった人は是非オフィシャルサイトをご覧ください。

FC2カウンター
旬の一品!

プロフィール

tom85y

Author:tom85y
だいぶブログの記事もたまってきました。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エモ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レベルアップ中

blog-lvup.com
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。